名古屋市農業センター・しだれ梅まつり


 農業センターは、名古屋市の農業振興をはかるため、昭和40年4月1日に開設され、農業技術の普及・指導を行ってきました。今では名古屋の都市化にともない、農業に親しむ機会の少なくなった市民に、農業に親しみながら、ゆったりと憩うことのできる施設として利用されています。  ウシ・ヒツジ・ヤギの放牧場、各種鶏の展示とふ化の見られる展示鶏舎などの畜産施設、ベゴニアの展示を中心にした温室、花や野菜の栽培温室、野菜の畑などの園芸施設、芝生広場と約700本のしだれ梅園などを自由にご覧いただけるほか、農業センターで搾った生乳を使ってつくられた牛乳・アイスクリームも楽しめます。  しだれ梅園は農業センター一番の名物、日ごろはのどかな農業センターですが、しだれ梅の開花期ばかりは雅やかな空気につつまれ、そぞろ歩く人、写真を撮る人などでにぎわいます。  南東向きのゆるやかな斜面に、白からピンク、紅色の12種類約700本のしだれ梅があり、植えてから約15年たって見事な枝ぶりを見せています。本数と木の大きさでは、最も見ごたえのあるしだれ梅園と言っていいでしょう。  清らかな香りと凛とした花は同じながら、たおやかに枝垂れる枝はふつうの梅とは印象がずいぶんちがい、梅園の小道を歩けば、芳しい花の波間をただようようです。一つ一つの花を見れば、あるものは清楚に、あるものはふくよかにと見飽きることがありません。ぜひ春の訪れを身体全体で感じてください。



20l18(平成30)年 しだれ梅まつり  農業センターのしだれ梅は12品種約700本、しだれ梅園としては国内有数の規模です。きりっとした一重咲きの白、豊満な八重咲きの桃色など、さまざまな品種が豊かに垂れかかる小道は、香りと色の波間を漂う心地にさせてくれます。  春を告げる花、梅の花言葉は「高潔」、「忠義」、「忠心」、「澄んだ心」と清潔で気高いイメージですが、しだれ梅にはそれに加えて柔らかさ、華やかさもあります。普通の梅園とはひとあじ違う雰囲気を楽しんでください。  開花期は2月下旬から3月中旬で、時期にあわせて「しだれ梅まつり」を開催します。開花はその年の気候によって前後しますので、2月ごろからお知らせする「開花情報」を参考にしてください。
日程  20l8(平成30)年2月23日〜3月21日(期間中は無休)
枝垂れ梅祭り 時間  午前9時から午後4時30分 場所  名古屋市農業センター (名古屋市天白区天白町平針黒石2872-3)
問い合わせ:名古屋市農業センター TEL:052-801-5221
住 所:468-0021 名古屋市天白区天白町平針黒石2872-3
 名古屋市農業センターです。 花と緑の施設 http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/
 農業センターtwitter公式アカウント。  https://twitter.com/noucenter
 名古屋市農業センターFacebookページ公式アカウント。  https://www.facebook.com/noucenterr


  今年の「しだれ梅まつり」ははちょっとおくれぎみで、(平成30年2月28日現在)開花状況は『咲き始め』です。 まだつぼみも多いですが、指導館と竹林の間のエリアは咲き始めています。開花状況は『三分咲き』です(平成30年3月2日現在)。開花状況は『五分咲き』です(平成30年3月6日現在)。 開花状況は『七分咲き』です(平成30年3月7日現在)。開花状況は『満開』です(平成30年3月10日現在)。開花状況は『満開』です(平成30年3月10日現在)。 つぼみの木もありますが、多くの木が満開です。開花状況は『満開』です(平成30年3月12日現在)。白色のしだれ梅も見頃を迎え、さらに華やかになりました。 私は再度3月12日にいきましたが、最初に咲いた頃のは散ったり、ピンク系の花はくろずんだりで、もう終わりの感じでしたね。


枝垂れ梅T
枝垂れ梅U
梅林色々
盆栽&菜の花他